中性脂肪下げるサプリランキング

中性脂肪と動脈硬化

中性脂肪は通常肝臓に蓄積されている脂肪であり、体内でエネルギーが不足した場合血液に混じりエネルギーとして放出されるものです。 つまり通常中性脂肪というものは体にとって必要なものなのですが、これが中性脂肪が多すぎる、増えすぎると高脂血症と呼ぶものへと変化してしまいます。

つまり中性脂肪が通常30〜140mg/dlのところ150以上になると高脂血症ということで病院でも診断を受けることになります。 このような高脂血症を起こす場合いわゆる動脈硬化を引き起こす原因となり、更には『心筋梗塞や』『狭心症』をも引き起こすことになります。

つまり中性脂肪やコレステロール値が高くなってしまうと動脈硬化をはじめとする様々な病気に引きがねになってしまうということが考えられます。 動脈硬化だけでなく『冠動脈疾患』『脳梗塞』『肥満症』『糖尿病』というような病気を引き起こすケースもあるので 中性脂肪、コレステロールは増えすぎる、高すぎることがいけないといえるのです。 原因としては動物性脂肪を大量に摂取、糖質の大量摂取、食べすぎというように体内へ過剰なエネルギーが入り込むことで 中性脂肪は高くなりますし、それに伴い運動不足によりエネルギーが消費されないということが原因により中性脂肪は高くなります。 中性脂肪は主に生活習慣の乱れや食生活の乱れが原因となり、それに伴い他の病気を引き起こしてしまうというものです。

動脈硬化自体は、血液の中に過剰なエネルギーが加わることで通常サラサラの血液がドロドロした状態へ変化し 動脈硬化という症状を引き起こすといわれています。

そもそも血液の中には悪玉コレステロールと善玉コレステロールが存在し、動脈硬化、中性脂肪が増えだすと善玉コレステロールが減少し悪玉コレステロールだけが存在することになります。 そうなるとやはり血液はドロドロした状態となり、更には血管壁と呼ばれる血液を通る道の壁が厚くなり、流れる部分が狭くなります。 それにより動脈硬化が起きてしまうといえるのです。

動脈硬化が起きると冠動脈疾患に病気も考えられますから、中性脂肪はやはり正常値を保つことが大切です。 中性脂肪自体、バランスの良い食事ととることや適度な運動により正常値を保てますから、日頃から食生活、生活習慣においても気をつけることが大切です。

中性脂肪を下げるサプリメントの人気ランキングをチェックしよう!

商品名 料金 内容量 送料 詳細
小林製薬
・ナットウキナーゼ
&DHA&EPAセット
1,575円 475mg×30粒
約30日分
無料 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■ナットウキナーゼ&DHA&EPAは中性脂肪が気になる方のための栄養補助食品です。
■納豆が発酵する際に生成される酵素であるナットウキナーゼ配合。ナットウキナーゼには血栓
 を溶かす効果があり、その効果により体全体に栄養がいきわたります。
中性脂肪を下げる効果バツグンの、青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸、DHAとEPA配合♪
■DHA(ドコサへキサンエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)は青魚が多く含む成分です。
■不飽和脂肪酸の持つ、血栓を溶かし血流を改善する効果が中性脂肪に良い効果を。
■10種類を超えるフラボノイドとイチョウの葉特有の成分テルペンラクトンが相乗的に体へと働
 きかけ血液の流れを促進。血流が良くなることで体のすみまで栄養を届けることができます。
■これらナットウキナーゼ、DHA・EPA、テルペンラクトン等の中性脂肪を下げる効果のある
 成分を凝縮したサプリメントが1か月1575円でお求めいただけます。


>>>公式申し込みページへ進む

  ⇒⇒ トップページでランキング2位以降もチェックしてみよう!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2013 中性脂肪下げるサプリランキング All Rights Reserved.
[中性脂肪の基礎知識] 中性脂肪とは 低い 病気 上がる原因 減らす 役割 平均 遺伝 自覚症状 改善のポイント
[中性脂肪を下げる方法] 青魚 青汁 DHA EPA 効くドリンク 大豆 ジョギング もずく 納豆 リンゴ ヨーグルト 野菜
[中性脂肪を上げる原因] 上げる食べ物 ビール バター アルコール 牛乳 [中性脂肪が招く症状] 動脈硬化 不妊 肥満 蕁麻疹 めまい 脳梗塞 頭痛 腎臓
[関連コラム] アトピー 悪玉コレステロール 善玉コレステロール 病院治療 朝食 ダイエットとの関係 断食 GTP 低すぎる場合 女性 検査
内臓脂肪 リパーゼ 遊離脂肪酸