中性脂肪下げるサプリランキング

中性脂肪の平均

中性脂肪は人間の体にとって大切な役割を果たすもので、必要なものですが、中性脂肪を調査した場合に高すぎても低すぎてもいけないということがわかり低い場合にも病気が隠れているもしくは生活習慣、食生活が乱れていることがわかり、逆に高すぎる場合は病気の原因となり更には合併症を併発してしまう場合もありますから、中性脂肪の正常値を知っておくほうがよいでしょう。

【中性脂肪の正常値】30〜140mg/dl

中性脂肪の正常値はおよそ30〜140mg/dlとなりますから、この数値を基準に自分の中性脂肪と比較してみましょう。 多くが高い、低い場合には病院で検査の場合に注意されることになると思いますが、高すぎる、少なすぎる場合は体調に何らかの問題がある可能性もありますから、多すぎる方は少なくする努力、すくない方は少し高める努力が必要といえるでしょう。

もともと中性脂肪が高いのは肉中心の食事が多い欧米人といわれていましたが、実は日本人はそれ以上で中性脂肪が 高くなってしまうお米、パンなどの炭水化物を普段からよく食べますから中性脂肪が高めであるといえるのです。

もちろんお米やパンなどの炭水化物を摂ることは栄養面において必要な食材ですが、とにかく食事は様々な栄養素をバランスよく摂り入れることではじめて体へのエネルギーとなりますから、中性脂肪が高い方をはじめとして バランスの良い食事を取り入れられる心がけをしてください。

中高年の中性脂肪の数値で危険と思われるのが150mg/dl以上の数値となりますが、この数値に近いという方は 医師への相談も必要ですが、何らかの対処は取るべきだと思います。 高すぎる中性脂肪は病気を引き起こす原因となり合併症を引き起こすことにもなりますから、 日頃から生活習慣をしっかりと見つめなおすことも大切です。

生活習慣の乱れが何より中性脂肪の異常を引き起こすわけですから中性脂肪が高すぎる、低すぎることがないように 食生活においてもバランスを考えた食事をしっかりと摂りいれてください。 最近では中性脂肪を下げられる商品が色々と販売されていますので、こうした中性脂肪を下げるアイテムの活用も 効果的でお勧めです。

中性脂肪を下げるサプリメントの人気ランキングをチェックしよう!

商品名 料金 内容量 送料 詳細
小林製薬
・ナットウキナーゼ
&DHA&EPAセット
1,575円 475mg×30粒
約30日分
無料 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■ナットウキナーゼ&DHA&EPAは中性脂肪が気になる方のための栄養補助食品です。
■納豆が発酵する際に生成される酵素であるナットウキナーゼ配合。ナットウキナーゼには血栓
 を溶かす効果があり、その効果により体全体に栄養がいきわたります。
中性脂肪を下げる効果バツグンの、青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸、DHAとEPA配合♪
■DHA(ドコサへキサンエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)は青魚が多く含む成分です。
■不飽和脂肪酸の持つ、血栓を溶かし血流を改善する効果が中性脂肪に良い効果を。
■10種類を超えるフラボノイドとイチョウの葉特有の成分テルペンラクトンが相乗的に体へと働
 きかけ血液の流れを促進。血流が良くなることで体のすみまで栄養を届けることができます。
■これらナットウキナーゼ、DHA・EPA、テルペンラクトン等の中性脂肪を下げる効果のある
 成分を凝縮したサプリメントが1か月1575円でお求めいただけます。


>>>公式申し込みページへ進む

  ⇒⇒ トップページでランキング2位以降もチェックしてみよう!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2013 中性脂肪下げるサプリランキング All Rights Reserved.
[中性脂肪の基礎知識] 中性脂肪とは 低い 病気 上がる原因 減らす 役割 平均 遺伝 自覚症状 改善のポイント
[中性脂肪を下げる方法] 青魚 青汁 DHA EPA 効くドリンク 大豆 ジョギング もずく 納豆 リンゴ ヨーグルト 野菜
[中性脂肪を上げる原因] 上げる食べ物 ビール バター アルコール 牛乳 [中性脂肪が招く症状] 動脈硬化 不妊 肥満 蕁麻疹 めまい 脳梗塞 頭痛 腎臓
[関連コラム] アトピー 悪玉コレステロール 善玉コレステロール 病院治療 朝食 ダイエットとの関係 断食 GTP 低すぎる場合 女性 検査
内臓脂肪 リパーゼ 遊離脂肪酸