中性脂肪下げるサプリランキング

中性脂肪と牛乳

牛乳はみなさんも小さい頃からたくさん飲めば大きくなる、体に良いといわれてきたものですが、 中性脂肪と牛乳になれば話は別。

中性脂肪と牛乳は相性が悪いですから中性脂肪の高めの方にはあまりお勧めできません。

とはいえ、絶対に飲むなというものではなく、適度に飲むことはお勧めです。 牛乳自体は健康にもいいですしお通じにも役立つものですから絶対ではなくあまり摂らないようにする ことが大切だということです。

□中性脂肪になぜ牛乳が悪いか?

中性脂肪には動物性油脂が悪い、中性脂肪を高めると言われていますね。 バターは牛乳を固めて作るものですからバター同様にやはり中性脂肪にはお勧めできないのです。 バター自体そのものの脂質は10割のうち8割が脂質ですから、そもそもの形地である牛乳も同じこと。

バターほどの敬遠さはないものの牛乳もやはり飲みすぎると中性脂肪を上げる飲み物となります。 しかし牛乳には脂質をはじめとして様々な栄養素含まれていますから とても健康に良い飲み物であることは間違えのないもの。 つまり牛乳を飲むには飲み方が一番の中性脂肪を上げるか、否かに分かれるといえるのです。

中性脂肪を上げないためには牛乳の選び方飲み方を、気をつけるべきということ。 本来たんぱく質というものは体内で吸収されにくいものなのですが、牛乳のたんぱく質は吸収されやすいと言われていますから実際は健康のためにも飲むことは大変お勧めなのです。

しかし中性脂肪が高い、高めかも?という方にはやはりほどほどの量がいいということなのです。 結論として牛乳自体はとても健康にもよく摂り入れるべき飲み物なのですが、飲みすぎや摂りすぎは、やはり中性脂肪を上げるということ。 その辺を踏まえ、牛乳が好きという言う方は飲み方選び方に気をつけることが大切なのです。

牛乳の適量の目安として1日コップ1杯(およそ200ml)ぐらいなら中性脂肪を上げずに問題はありません。 牛乳自体含まれる脂質の含有量や糖質の含有量が違いますからその辺も中性脂肪が高い、または気になる方は良く比較し 検討なさると良いでしょう。

中性脂肪は蓄積されすぎると大きな病気をも引き起こす原因となってしまいますし、自覚症状がないだけに 気がつかないというケースも少なくありません。 気がつかないうちに‥ということがないよう病院での定期健診はコマメに行うことをお勧めいたします。

中性脂肪を下げるサプリメントの人気ランキングをチェックしよう!

商品名 料金 内容量 送料 詳細
小林製薬
・ナットウキナーゼ
&DHA&EPAセット
1,575円 475mg×30粒
約30日分
無料 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■ナットウキナーゼ&DHA&EPAは中性脂肪が気になる方のための栄養補助食品です。
■納豆が発酵する際に生成される酵素であるナットウキナーゼ配合。ナットウキナーゼには血栓
 を溶かす効果があり、その効果により体全体に栄養がいきわたります。
中性脂肪を下げる効果バツグンの、青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸、DHAとEPA配合♪
■DHA(ドコサへキサンエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)は青魚が多く含む成分です。
■不飽和脂肪酸の持つ、血栓を溶かし血流を改善する効果が中性脂肪に良い効果を。
■10種類を超えるフラボノイドとイチョウの葉特有の成分テルペンラクトンが相乗的に体へと働
 きかけ血液の流れを促進。血流が良くなることで体のすみまで栄養を届けることができます。
■これらナットウキナーゼ、DHA・EPA、テルペンラクトン等の中性脂肪を下げる効果のある
 成分を凝縮したサプリメントが1か月1575円でお求めいただけます。


>>>公式申し込みページへ進む

  ⇒⇒ トップページでランキング2位以降もチェックしてみよう!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2013 中性脂肪下げるサプリランキング All Rights Reserved.
[中性脂肪の基礎知識] 中性脂肪とは 低い 病気 上がる原因 減らす 役割 平均 遺伝 自覚症状 改善のポイント
[中性脂肪を下げる方法] 青魚 青汁 DHA EPA 効くドリンク 大豆 ジョギング もずく 納豆 リンゴ ヨーグルト 野菜
[中性脂肪を上げる原因] 上げる食べ物 ビール バター アルコール 牛乳 [中性脂肪が招く症状] 動脈硬化 不妊 肥満 蕁麻疹 めまい 脳梗塞 頭痛 腎臓
[関連コラム] アトピー 悪玉コレステロール 善玉コレステロール 病院治療 朝食 ダイエットとの関係 断食 GTP 低すぎる場合 女性 検査
内臓脂肪 リパーゼ 遊離脂肪酸