中性脂肪下げるサプリランキング

中性脂肪と内臓脂肪

中性脂肪とは肝臓で作られる脂肪となりますが、この役目は人の体のエネルギーや体温調節のためにあります。

つまり高すぎてはいけない! 低すぎてもいけない! とはいうものの必要なものだということなのです。

中性脂肪と内臓脂肪に関して一言で言えば肝臓に中性脂肪が大量になるとそれは内臓脂肪へと変わる。 つまり大量に肝臓内に中性脂肪がたまることで内臓に脂肪が増えすぎてそれが内臓脂肪へと変化するのです。

ここで内臓脂肪をもっと大まかに言えば内臓脂肪がたまることで高脂血症を引き起こすということ。 又内臓脂肪がたまることで血液の中へ油を流している状態となってしまいます。 根本的に内臓脂肪と関係しているのが中性脂肪と悪玉ではなく善玉コレステロール。 これは食事でとる脂肪を内臓へ蓄積させ結果内臓脂肪となり、更に内臓脂肪がそれに拍車をかけ血液の中へ 中性脂肪を増やしているということがいえます。

内臓脂肪が増えるということは血液の中性脂肪も増えているということになりますが、そもそもおなかがすくと 体はエネルギーを欲しがります。 その際脂肪細胞というものが、遊離脂肪酸というものへ分解され肝臓に運ばれていきます・ 遊離脂肪酸自体は肝臓で中性脂肪により合成していくわけですが、油となる中性脂肪は血液には溶けないようになっている。 しかし、溶けない中性脂肪はたんぱく質などと結びつくことにより新たな形となって血液の中へ流れることができ、 それにより血液の中に中性脂肪が増えていくということがいえるのです。

内臓脂肪は結論として中性脂肪が増えることで内臓脂肪も増えることになりますが、中性脂肪が増えることで血液に流れていくことは動脈硬化へつながっていきますし、知らず知らずにあいだに中性脂肪が増え続ければ脳梗塞や脳血栓、狭心症なども引き起こす結果となり、これだけに止まらず色々な病気のきっかけを生むことになります。

内臓脂肪が増えれば高脂血症になる。 中性脂肪が増えれば動脈硬化や様々な病気になる。

いずれにしても中性脂肪は人の体に必要不可欠なものでありながらそれが過剰になれば当然体を攻撃してくると 言うことになってしまうのです。 ですから中性脂肪は簡単に考えず、自覚症状がないだけにきちんと定期的な健診が必要です。 女性は閉経後に中性脂肪が高くなる傾向にありますのでその時期をさかいに検査をお勧めしますし 男性は女性と異なり女性ホルモンがありませんから比較的中性脂肪が高めですので定期的に検査をすべきですね。

中性脂肪を下げるサプリメントの人気ランキングをチェックしよう!

商品名 料金 内容量 送料 詳細
小林製薬
・ナットウキナーゼ
&DHA&EPAセット
1,575円 475mg×30粒
約30日分
無料 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■ナットウキナーゼ&DHA&EPAは中性脂肪が気になる方のための栄養補助食品です。
■納豆が発酵する際に生成される酵素であるナットウキナーゼ配合。ナットウキナーゼには血栓
 を溶かす効果があり、その効果により体全体に栄養がいきわたります。
中性脂肪を下げる効果バツグンの、青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸、DHAとEPA配合♪
■DHA(ドコサへキサンエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)は青魚が多く含む成分です。
■不飽和脂肪酸の持つ、血栓を溶かし血流を改善する効果が中性脂肪に良い効果を。
■10種類を超えるフラボノイドとイチョウの葉特有の成分テルペンラクトンが相乗的に体へと働
 きかけ血液の流れを促進。血流が良くなることで体のすみまで栄養を届けることができます。
■これらナットウキナーゼ、DHA・EPA、テルペンラクトン等の中性脂肪を下げる効果のある
 成分を凝縮したサプリメントが1か月1575円でお求めいただけます。


>>>公式申し込みページへ進む

  ⇒⇒ トップページでランキング2位以降もチェックしてみよう!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2013 中性脂肪下げるサプリランキング All Rights Reserved.
[中性脂肪の基礎知識] 中性脂肪とは 低い 病気 上がる原因 減らす 役割 平均 遺伝 自覚症状 改善のポイント
[中性脂肪を下げる方法] 青魚 青汁 DHA EPA 効くドリンク 大豆 ジョギング もずく 納豆 リンゴ ヨーグルト 野菜
[中性脂肪を上げる原因] 上げる食べ物 ビール バター アルコール 牛乳 [中性脂肪が招く症状] 動脈硬化 不妊 肥満 蕁麻疹 めまい 脳梗塞 頭痛 腎臓
[関連コラム] アトピー 悪玉コレステロール 善玉コレステロール 病院治療 朝食 ダイエットとの関係 断食 GTP 低すぎる場合 女性 検査
内臓脂肪 リパーゼ 遊離脂肪酸