中性脂肪下げるサプリランキング

中性脂肪の役割

中性脂肪は多くても病気を引き起こす原因となりますが、低くても良いというものではありません。

単に低いからダメ、高いからダメということではなくしっかり中性脂肪について学んでいきましょう。

中性脂肪はまず体内に存在するもの。 そして中性脂肪の役割とは、エネルギーの貯蔵や体温維持、内臓の保護などがあげられます。 つまり中性脂肪はあまり高すぎるとよくはないものの体にはとても必要な脂肪ということがいえるのです。

例えばエネルギーの貯蔵面で考えると、体内で貯めてある中性脂肪というものは体内のエネルギーが足りなくなると遊離脂肪酸に分解されて血液の中で流れ出すことで全身にエネルギーを運んでいる役目といえます。 つまりエネルギーが体からなくなる、そうなると中性脂肪が動き出し遊離脂肪酸に分解されることで血液と共に流れ体全体へエネルギーを届ける優れたものといえます。

中性脂肪の役割には、他にも体温を調節する役目や内臓を衝撃から守る役割もありますから、実際中性脂肪が高ければ よくはありませんがないのはむしろダメだということがわかります。 例えば臓器部分をぶつけてしまった場合に中性脂肪が守っているわけですから痛みは殆ど感じずにすみませんか?

中性脂肪は体に必要であり、いざという時のエネルギー源であるということがいえるのです。 ただしひとつ注意しなければいけないのが摂りすぎについてで、中性脂肪は多すぎても少なすぎてもいけませんが、 例えば多すぎるという場合、脂肪細胞にはそもそもたくさんの生理活性物質というものが分泌されています。 またこの物質は中性脂肪が多くなることでバランスを崩す、そうなった場合起こりうる症状にはホルモン分泌の異常や 血液状態の異常、生殖機能の異常を引き起こす場合もあるので高すぎ、低すぎにならないように心がけることは大切です。

中性脂肪の役割には内臓を守る役割、体温維持、エネルギーを貯めることがあげられる訳ですがこうした働きも重要ですが 中性脂肪が高い、低いにはそれぞれ病気が関ってくることになりますから生活習慣には十分気をつけることが大切です。 又食事の面でも中性脂肪を下げられる栄養素を摂り入れられるように心がけることも大切です。

ちなみに食事においては魚介類や海藻類、野菜、乳製品などに含まれるたんぱく質やミネラル、ビタミンを上手にバランスよく取り入れましょう。

中性脂肪を下げるサプリメントの人気ランキングをチェックしよう!

商品名 料金 内容量 送料 詳細
小林製薬
・ナットウキナーゼ
&DHA&EPAセット
1,575円 475mg×30粒
約30日分
無料 詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■ナットウキナーゼ&DHA&EPAは中性脂肪が気になる方のための栄養補助食品です。
■納豆が発酵する際に生成される酵素であるナットウキナーゼ配合。ナットウキナーゼには血栓
 を溶かす効果があり、その効果により体全体に栄養がいきわたります。
中性脂肪を下げる効果バツグンの、青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸、DHAとEPA配合♪
■DHA(ドコサへキサンエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)は青魚が多く含む成分です。
■不飽和脂肪酸の持つ、血栓を溶かし血流を改善する効果が中性脂肪に良い効果を。
■10種類を超えるフラボノイドとイチョウの葉特有の成分テルペンラクトンが相乗的に体へと働
 きかけ血液の流れを促進。血流が良くなることで体のすみまで栄養を届けることができます。
■これらナットウキナーゼ、DHA・EPA、テルペンラクトン等の中性脂肪を下げる効果のある
 成分を凝縮したサプリメントが1か月1575円でお求めいただけます。


>>>公式申し込みページへ進む

  ⇒⇒ トップページでランキング2位以降もチェックしてみよう!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2013 中性脂肪下げるサプリランキング All Rights Reserved.
[中性脂肪の基礎知識] 中性脂肪とは 低い 病気 上がる原因 減らす 役割 平均 遺伝 自覚症状 改善のポイント
[中性脂肪を下げる方法] 青魚 青汁 DHA EPA 効くドリンク 大豆 ジョギング もずく 納豆 リンゴ ヨーグルト 野菜
[中性脂肪を上げる原因] 上げる食べ物 ビール バター アルコール 牛乳 [中性脂肪が招く症状] 動脈硬化 不妊 肥満 蕁麻疹 めまい 脳梗塞 頭痛 腎臓
[関連コラム] アトピー 悪玉コレステロール 善玉コレステロール 病院治療 朝食 ダイエットとの関係 断食 GTP 低すぎる場合 女性 検査
内臓脂肪 リパーゼ 遊離脂肪酸